RECOMMEND
RECOMMEND
デオナチュレ ソフトストーンW
デオナチュレ ソフトストーンW (JUGEMレビュー »)

わきが、体臭が消えた!
色々なものを試してきたが、これは本当に恐ろしいくらいにおわない!
ここのamazonで買いました。
店頭よりも安く買えてお得でした!
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Taka's take one

X−MEN3 ファイナルディシジョン よかったよ! 
0
    X−MEN3を観てきた。

    X−MENシーリーズは第1作から観ていて、とても好きな映画の一つ。

    ヒュージャックマン、いいね。
    ハルベリーもいい。

    X−MENのキャストはみんな演技派ばかりを起用していて
    贅沢な映画だと思う。

    ファイナルディシジョンもよかった。
    思ったよりも主要人物が死んだ数が多かったかなと感じたけど
    まあ、完結編だから許す。
    X-MENって一応テーマなんかあったりしてただのアニメではないんだね。

    ミュータントの持っている特技は、人間界でいうと「個性」。
    その個性を「治療」して(失って)しまってはどうかという課題を
    僕達に投げかけてくれたのだと思う。
    う〜ん、奥が深い!

    マーベルのコミック版を見てみたいなぁ。
    売ってないのかな、書店とかで。
    売ってても翻訳されてなかったりとかするのかね。

    | 映画 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ダヴィンチコード/トムハンクス・オドレイトゥトゥ
    0
      ヤッター!!

      封切りでダヴィンチコード、観れた〜!

      MOVIX清水で観たけど、すごい人。人。人。
      この映画の人気がわかる!
      俺は、そんなこと予想して先にネットで調べてチケットGetしちゃったもんね〜。

      映画の内容は、予想に反して結構複雑。
      ダヴィンチの絵に直接絡むシーンは少なかったけど、ハラハラドキドキで映画自体は楽しめました。

      映画終わった後、頭悪そうなガキが「オレ、全然意味わかんね。おもしろくないな」なんてぼやいていましたが、ホントにおもしろくなかったのでしょうか?

      結果論からいうと、映画好きの人にはおもしろかったと思うけど、CMとか番組告知だけの前評判だけで観にきてしまった「イチゲンさん」にはちょっとおもしろくなかったのかなぁって感じです。

      あと、映画全体としてはかなり上映時間を気にして内容をカットしすぎたかなぁとも思いました。
      監督ももっと色々なシーンを盛り込みたかったのだろうけど、あのシーンのテンポの早いコマ割りだと油断すると内容がわからなくなっちゃうかもですね。

      オドレイトゥトゥは、良かった。今回の作品への意気込みを感じる。
      トムハンクスも今までにない役作りでさすがって感じです。

      「ダヴィンチ」をあまり意識しすぎると後悔する映画ですから、文庫を読まないで直に映画へ直行するかたは、ぜひぜひ期待しないで(?)行くと楽しめます!

      ★★★★☆(★4つ)付けときます。

      | 映画 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      チャーリーとチョコレート工場/ジョニーデップ
      0
        チャーリーとチョコレート工場を観た。

        ジョニーデップの怪演が光ったね。
        最近見ない映画の撮り方で楽しめたよ。

        子供にはいい教訓を与えれる映画だったけど、本当は大人に向けたメッセージなんだね。そんな気がした。

        ユニークな場面もあって、あの有名な「シザーハンズ」連想させるシーンもチラリ。
        ウィリーウォンカ演じるジョニーデップの手がハサミになってたとこ。
        あれは偶然かな・・・?

        それにしてもこの映画を見た後は無性にチョコレートが食べたくなる。
        思わず帰りに板のチョコレートを買い込んでしまった。

        みなさんも同じような経験をしたのでは?

        | 映画 | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        愛についてのキンゼイレポート/リーアム・ニーソン
        0
          性の実態のリサーチに生涯をかけた実在の学者、キンゼイ博士の生涯を描いた感動作。

          キンゼイ博士はリーアム・ニーソンが熱演。
          彼の演技はどの作品をみても熱が入る。とても好きだ。

          この作品は彼じゃなきゃとてつもなくダラダラとした映画になってしまう。
          彼をキャスティングしたわけが分かる。

          それにしても最初はとても強烈なインパクトを与えながら性について語り始めるが、意外と中盤あたりまでくるとそれに慣れてきてしまった。

          それこそキンゼイ博士が映画を観ている僕らに何か問い掛けているような気がしてきて色々と考えさせられた。

          ローラ・リニーのアカデミー賞ノミネートも納得。

          この映画は意外と言っては失礼だがすごく深い。

          途中でシアターを出て行く観客もいたが、ノンフィクションだから
          決してつまらなくはないぞ。
          映画が好きな人が観れる映画だ。

          帰りの車のなかで、劇場でもらったキンゼイレポートなる小冊子を
          じっくり見る俺。日本の女性が考える性についてまとめたものだ。
          (楽天リサーチでアンケートを取ったものらしい)

          星は★★★★☆(4つ)と付けてみた。
          いかがでしょう。
          | 映画 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          奥様は魔女/ニコールキッドマン
          0
            奥様は魔女(Bewitched)を見ました。

            ニコールキッドマンが今までの役どころのイメージを一掃し可愛く思えるような作品でした。

            ワハハと笑えるようなところは大してなく、実際に過去放映されたものをリメイクするという内容のリメイク(?)で、魔女だからなんか魔法をつかってジャンジャン楽しく盛り上げていくといった内容のものではありませんでした。

            結末もなんだかあっさりしていたし、全体的にキレがなかったような気がします。
            出演者もニコールキッドマンとマイケルケインがいたからまだよかった話で、それこそ相手役のウィル・フェレルの好感度は32%ぐらいだったでしょうか(笑)?

            全般的に星をつけるとしたら★★☆☆☆(2つ)ってとこでしょう。。。
            | 映画 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            妖怪大戦争
            0
              邦画はよっぽどのことがない限りわざわざ映画館で観ないのだが、
              見に行ってしまった。

              夏休みでくだらないアニメと邦画の駄作ばっかりでうんざりしてている。
              けど、今やってる洋画は全部見てしまったし、かといって暇だったので
              妖怪大戦争をみにいったわけだ。

              結論。
              やっぱりくだらなかった。

              ある程度心して行ったものだから大した脱力感こそなかったが、
              客観的にみておもしろい部分もあった。

              お笑いだね。あの映画は。真剣なところは一切ないと思った方がいい。
              そうやって作っただろうし。

              岡村がおもしろかった。

              最後の水木しげるはいらんかったよ。
              | 映画 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              「アイランド」 スカーレットヨハンセン・ユアンマクレガー
              0
                アイランドを観た。

                告知があまりされていない割にはお金が結構掛かってたりして
                おもしろかった。

                ユアンマクレガーも体を鍛えたりしてかっこよかった。
                スカーレットヨハンセンも「ロストイントランスレーション」で見せなかった魅力も引き出されていてこの映画を機にもっともっと成長していってもらいたい。

                映画の中では、スポンサーがかなりついたのか、「マイクロソフト」(X-BOX)関係やPUMA、各社の広告が随所にでていたりして興行的な意向もかなり感じられたがストーリーもテーマも定まっていてこれからの未来を考えさせられる内容だった。


                あのピチピチした衣装が印象的。最初、ストーリーが全然つかめなかったが観ていくうちに「なるほどな〜」って思ったけど、少し強引なところもあったかな。

                ユアンマクレガーは、さらに磨きがかかって演技がうまくなってた。
                彼にも頑張って欲しい。
                | 映画 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
                スターウォーズ エピソード
                0
                  おお!

                  意外といってはなんだが非常に面白かった!
                  スターウォーズそのものはあまり詳しくはない俺でも結構どころかかなり楽しめた。

                  ダースベイダーが誕生するまでのプロセスがわかりやすく映像化。
                  スケールの大きさに圧倒されたよ。

                  ほとんどCGなのだろうけど映像美もハンパじゃない。
                  臨場感もたっぷり。かつ親近感もある。

                  宇宙戦争VSスターウォーズなんていってたけど、こりゃスターウォーズの方が一歩頭が出てる感じかな。

                  ごちそうさまでした。
                  | 映画 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  宇宙戦争 ★★★☆☆
                  0
                    やっと「宇宙戦争」観に行ってきました!

                    下馬評では「おもしろくない」とか「期待はずれ」とか言われていましたが、
                    そんなこともないな〜っていうのが本音でした。

                    行く前にちょうどFMラジオで聞いた話なんだけど、関係者向けの特別試写会でライターや記者達に批評を公開前に絶対してはならないという念書を書かされたそうだ。
                    そのラジオで話していたライターの人も「いっそのことコケてしまえばいい。批評なくして映画は成り立たない!表現の自由の侵害だ!」なんて言っていました。
                    確かにそうだ。
                    おもしろくたっておもしろくなくたって見たい人は行くだろうし興味のない人は行かない。
                    「批評をしてはならない」なんておかしい話だ。

                    内容はというと、そういう頭でいったので覚悟はしていたのですが俺的にはそこそこおもしろく感じたかな。
                    お金がまずかかってるし、セットもすごい。(ほとんどCGなのだろうけど・・・)
                    ストーリーもわかりやすくてよかった。テーマもしっかり見据えてる。

                    ただ、スピルバーグにしてはスケールが狭かったかなと思う。
                    受け継がれる大作ものにはちょっと及ばないかな。

                    宇宙戦争のあとは当分作らないだろうし、次回作に期待したいね。
                    宇宙戦争2なんてだしたらぶっ飛ばすよ。

                    ダコタファニングよかった。
                    他のキャスティングだったらもっとつまらなくなってただろうなぁ。
                    | 映画 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
                    シャーリーズセロン「モンスター」
                    0
                      レンタルビデオで「モンスター」をみた。

                      例のアメリカで死刑の判決を受けた連続殺人犯の話だ。

                      内容はともかく、シャーリーズセロンの体を張った演技に感動。
                      この撮影のためにかなり太ったようだ。
                      まったく今までの役とは違うキャラだったが違和感なく見れた。

                      この映画は近くの映画館で見たかったんだけど公開予定がなく、
                      (実際には小劇場でちらっとやったらしいが)観れなかった。

                      レンタルが出てたので早速借りてみたというわけだ。

                      関係ない話だが、マジで金欠病だ。
                      給料でてもかなり節約しないと厳しいな。
                      | 映画 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |